読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

37w 生まれた

無事生まれた。帝王切開で。

赤子は低体重を心配されていたが2500g以上あり、思ってたより肉付きが良く、思ってたよりデカイ声で泣いた。

生まれた赤子を見て、お前か!!!最後まで逆子を貫き、早めに生まれてこようとしてたのはお前かー!!!と思った。赤子を見たら絶対号泣すると思っていたが、麻酔のせいで口の中カラッカラで、涙まったく出ず、ヒーヒー言ってた。出産した後、一気に気分が悪くなり、半分気絶してたが、特に血圧がめちゃくちゃだったわけでも出血が多かったわけでもなく、安産だったらしい。難産の人はどんだけ苦しいんだろうか…

術後も普通に外科手術受けた人という感じで、傷口の痛みに耐えながら生活している。赤子と触れ合ってる時はなんかハッピーなホルモンかなんかが出て全然痛くないけど、赤子いなくなった瞬間激痛と疲労に見舞われてバタッと倒れている。なんか帝王切開は普通分娩より楽なんじゃないかと思ってたけど、普通分娩より楽かもしれないけどそれとは別に普通にとても痛いし辛いということがわかった。

ただ、長期入院のおかげで、病院のスタッフと仲良くなり、見知った人たちに囲まれてのお産になったのはとても良かった。安心できるし、生まれてからも、がんばったね!良かった良かった!と言ってもらえて、すごく嬉しかった。

 

生まれた時はなんか大仏のようだった赤子も、日に日にヒトっぽい顔になってきた。夫はもうデレデレで、同じような写真を延々と撮っている。来週には自宅に帰るのでがんばらねば…