読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保活すでにヤバイ

保育所落選ラッシュで阿鼻叫喚、みたいな記事を見て、やっと地元の保育所入園状況について調べてみた。なんとうちの市は県内5本の指に入る激戦区で、保育所建てまくってるが若い家族の転入がそれを凌いでいるということがわかり、憂鬱…そりゃこんなに毎年ぼこぼこマンションが建ってたら人も増えるわな。というか乱立している保育所に勤務している保育士さんはどこからやってくるんだろう?保育士さんも無限に湧いて出てくるものでもないし。

噂の点数計算もやってみたが、夫婦フルタイム勤務と祖父母別居みたいな基本的な点数しか稼げない。というか夫婦フルタイムで祖父母別居がベースでないとまず箸にも棒にもかからなそう。妊娠を期に退職した人なんて完全に詰んでる。介護とか障がい者手帳とか持ってる人はそんなに多くないと思うので、あとどこで差がつくかといえば、すでに預けているかどうか。これか…これが先人たちが言っていた「無認可に入れて点数を稼いでいる」という現象か…1歳4月入所がいい〜とか思っていたがこれは…だからといってこんな理由で赤子を保育所に入れて早く復帰するのもものすごく癪…代替で働いてくれてる人の契約の問題もあるし。赤子が4月に生まれれば0歳4月入所の楽勝コースで大分楽になるが、逆子治らなきゃ無理だからこちらは考えるのをやめた。

考えれば考えるほどバカバカしすぎる。こんな戦いは土俵にすら上がりたくないが、仕事を続ける限りは子どもの預け先を考えないといけないし、子どもを預けないから仕事を辞めるという選択肢もない。とりあえずは与えられたルールに則って、ゲームに参加するしかないのだろう。あーでも悔しいなー。うまい方法を考えたい。

こういう時に「それは親の都合であって、子どもを主体に考えるべき。子どもが犠牲になって可哀想」とか「バースコントロールしろって言ったのに」みたいなこと言う人いるけどそういうのはそう思う人同士でいつまでも語り合っていたらいいと思う。